乳酸菌をサプリメントでとるのはなぜ?

乳酸菌をサプリメントでとるのはなぜ?

 

乳酸菌はサプリメントメントをうまく利用することで腸内に取り入れることができます。サプリメントと聞くと、なにか薬を飲むみたいで副作用を心配する方もおられるようですが、その心配は全くありません。乳酸菌は、もともと私たちの腸内に生息している菌なのですから、それをサプリメントで取っても問題があるはずはないのです。

 

かえって、サプリメントを利用することで、効率的に、また健康的に乳酸菌を取り入れることができると言ってもよいでしょう。サプリメントで乳酸菌をとった方が、食品から取るよりも優れている点がいくつかあります。

 

食べもので乳酸菌を取ろうとした場合、まず思い浮かぶのがヨーグルトではないでしょうか?もちろんヨーグルトにも乳酸菌は含まれています。しかし牛乳が発酵しただけのシンプルなヨーグルトはとても酸っぱいものです。そのため、良く売られているヨーグルトは砂糖が多く含まれていることが少なくありません。

 

同様に、発酵食品である味噌や漬物などからも乳酸菌を摂取することができますが、この場合には塩分に気を付ける必要があります。

 

体のために乳酸菌を取ろうとしているのに、結果的に砂糖や塩の取り過ぎになってしまったのでは本末転倒です。それに対してサプリメントではこうした余分なものは付け加えずに、効率よく乳酸菌をとることが出来るのです。

 

正しい食生活も大事ですが、同時にサプリメントを活用することで、健康な体を作っていきましょう。